オンラインカジノ初心者が感じる疑問

日本のオンラインカジノを始める前に少し気になる事をまとめています。

違法性はないのか?

これは、真っ先に気になる事だと思います。オンラインカジノは海外の各政府のライセンスを受けた会社が海外で運営し、サーバーも海外にある事から、あくまでも国外で行われているという事になるようです。しかし、このあたりの法解釈は難しく、合法だとも言い切りにくい状況です。 しかし、現在まで日本からオンラインカジノで遊んで摘発された人はいません。今後、オンラインカジノが、さらに普及してくれば法律での解釈もおのずと定まってくるのかもしれません。

他のギャンブルと比べて・・・

オンラインカジノはペイアウト率(還元率)の高さがギャンブルの中ではダントツでしょう。一般的には次のような感じです。 宝くじ 競馬 パチンコ オンラインカジノ 50%以下 75%程度 80%程度 95%~99% これはやはり、設備などの経費が格段に低いという事が理由でしょう。

賞金は確実に支払われるのか?

はっきり言って信用できないオンラインカジノもあるようです。高額賞金が支払われなかった例や、突然連絡が取れなくなるなんて事もあったようです。[カジノくん]では確実な支払実績、信用できるライセンス、信頼できるソフトウェアのオンラインカジノを紹介しています。

通信料はかからないのか?

基本的なインターネットの通信料以外はかかりません。国際電話料金などもかかりません。ダウンロードの画面には抵抗がある方もおられると思いますが、後から通信料などの怪しげな請求書が届くような事はありませんので、ご安心ください。

確実に儲かる方法は?

それは私達も知りたいですね。しかし一番大事なのは大きな損を出さない事だと思います。自分の許容範囲内で遊び、「ここまで負けたら、今日はやめよう」というラインを決めてから始めるのが良いのではないかと思います。大損してしまうと取り返そうという気持ちから、どんどん賭け金が増え、泥沼にはまってしまいかねません。 株式投資やパチンコなどで生計をたてている人がいますが、長期的に安定して稼ぐ人は、ついてる時にキッチリ稼ぎ、負け始めたら素早く撤退しているようです。それが出来ないと一時的に大儲けしても長続きはしないでしょう。 みなさんは、まさかオンラインカジノで生活費を稼ごうとは思っていないでしょうから、あくまでも遊びの範囲で楽しんでください。

クレジットカードの情報を入力しても大丈夫?

 オンラインカジノでの、クレジットカードの利用はとてもポピュラーです。 どこのカジノも、必ずと言っていいほどクレジットカードでの入金を受け付けています。以前は、悪質なオンラインカジノで、クレジットカード情報の流出などということもありましたが、最近は、そうした悪質な会社と優良な会社がはっきりしてきています。  このWin&Loseでもそうですが、オンラインカジノの情報サイトでは、こうした安心できるカジノの紹介に力を入れています。  実際、クレジットカードの情報流出などと言うことが発生したら、その瞬間にそのカジノは営業できなくなるでしょう。カジノの業務自体は相当に利益を得られるビジネスです。クレジットカード情報の横流しや流出から受けるダメージのほうが、大きいですし犯罪になるかもしれませんね。ビジネスとしてきちんとした営業を続けたほうが儲かるビジネスですから、このような事件が起こらないほうがあたりまえなのです。  もっとも、クレジットカードは、その発行者である銀行や企業がネットカジノでは決済できないように規制をしていて、使えるカードが少なくなっています。そのほうが問題で、オンラインカジノを楽しみたいと思っても楽しめない人が多くなっていますよね。  万が一、クレジットカードの不正使用がオンラインカジノで行われたということがありましたら、是非Win&Loseのタレコミ投稿板に登校してください。その際は、どこのオンラインカジノで、いつ、どんな状況でといったことをお忘れなく。

プログラムで客は必ず負けますか?

 プログラムで、勝負が運ばれることを考えると、どうしてもこの疑問はついて回りますね。ただ、オンラインカジノのビジネスとしての前提は、このプログラムに不正の入る余地がないことです。  そのために、有名なプログラムはそれぞれいろいろな監査を受けていることを念入りにうたっています。それでも、やはり不正の入り込む余地のある無名のプログラムを使った、怪しい会社もいくつも存在しています。  現在、世界的に評価をされているプログラムはクリプトロジック、マイクロゲーミング、プレイテック、ボスメディア、ランダムロジック、グランドバーチャル、ギャンブリングフェデレーション、ジブラルタルといったあたりでしょうか。  よく、ライセンスやなんとか協会の認定などというもので公正さを判断しようとする情報サイトもありますが、私は結局は実績だと思います。  そこで、実績のもっとも客観的に正しいだろうと判断できるものが監査法人などによるペイアウト率の公表と、実際の利用者の意見交換の掲示板などでの意見ではないかと思います。  アングラカジノやラスベガスなどで遊んだことのある人ならわかると思いますが、勝てることは少なくないですか? ところが気持ちの中に「これはコンピューターが操作している」と思うことで、負けると「やっぱりな!」などと思ってしまいます。  もしも、ソフトウェアで操作ができてしまい、絶対に客が勝たないプログラムを使っていたら、すぐにばれてしまうのがインターネット時代です。みんなが結果を持ち寄って、意見交換をしてしまうことと、ソフトウェア制作会社のスタッフや、オンラインカジノの社員などが、たった一人でも不正を暴露すれば、莫大な広告費もシステム費用も回収できなくなってしまいます。そういう客観的な事実を考えると、何年もまともに営業されているオンラインカジノのソフトは信頼ができるのではないでしょうか。  最近はeCOGRAなどの公正なオンラインカジノの認定機関も次第に信頼を得るようになりつつあり、トップ画面にこんなマークがついています。  この認定期間が頼りになるのかどうかは、まだわかりませんが、今のところ客観的な営業上の認定機関ということですので、そういう指標を重要視する方には、ひとつの目安にはなるのではないでしょうか。  私の結論としては、有名なカジノプログラムは客観的実績で、すでにその公平さは認められていると考えています。  ある掲示板では数百万円を勝った人が、カジノ側から不正に勝たれたのではないかと支払いを渋られた記録を公開していました。この人は自分なりに工夫したカウンティング技法を使ってプレイしたところ、通常では有り得ないほど勝ったために、カジノ側が右往左往してしまった結果のようでした。結局支払ってもらったようですが、こうした事件は、プログラムが強制的に客を負かせる不正なものでないことが、逆に証明されていますね。だって、強制的に負かせるプログラムなら、まずそんなにこの人が勝つわけがないのですから。  この事件はもうひとつの疑問にも解明の糸口を示しているのかもしれません。それは、オンラインカジノもパチスロやパチンコのように、勝ち負けの波をコンピューターがコントロールしていて、勝ちモードではドシドシ出すけれど、回収モードではどうやっても負けるようになっているという仕組みではないかということです。そうだとすると、どんな場合にもこんなケースはありえないわけです。 現に、ペイアウト率は設定で管理できるようですから、まるっきり乱数によってカードゲームのハウスの有利性だけで勝負されているわけではないようです。しかし、先のようなことがあるということは、例えば客の手札に合わせて、必ずハウス側が勝つような手札が出るということでもないようですから、攻略法もありえるのではないかといえます。 パチスロなら、当選モードにならないと、どんなに777で目押ししても、最期のひとつは7で止まらないですよね。  いかがですか? どう判断されるかは各人の自由ですが、負けたからといって「プログラムが不正に客を負けさせる」と毒づくのはいかがなものかと思います。

 

日本で最高のオンラインカジノランキング2020 – 必勝カジノオンライン

 

続きを読む…

オンラインカジノ 出金

オンラインカジノ 入金

オンラインカジノ 税金

オンラインカジノ 法律

オンラインカジノ 登録

オンラインカジノ ペイアウト