オンラインカジノは違法?合法? – オンラインカジノ 賭博法

2016年12月、国会では国内のギャンブルの風景を一変させる統合型リゾート推進法が可決された。ラスベガスのMGMリゾーツ・インターナショナルのようなビッグプレイヤーは、期待の大きさから事業の一部を圧迫している。

日本の第二、第三の都市である横浜と大阪は、最初のカジノの場所と推定されている。政府関係者の中には、少なくとも2つのリゾート地の建設が2020年の夏季オリンピックまでに完了することを期待している人もいる。

新法では、ゲーミングフロアがリゾート施設全体の一部である限り、カジノ賭博が認められている。

リゾートにはホテル、国際会議場、娯楽施設などが含まれていなければならない。地域に散在する小規模な単発のカジノは存在しないだろう。オペレーターは厳しい承認プロセスを経て、最大手で最高のものだけが承認を受けることになります。

日本でのギャンブルの法的地位日本ではオンラインギャンブルは合法ですか?日本ではどこでギャンブルができますか?
この新しい、そして将来的な法律の前に、第23章が制定されていました。この法律は基本的に、政府の認可を受けたものを除き、あらゆる形態のギャンブルを違法としました。現在では、国の宝くじ、トト(サッカーくじ)、競馬、競艇、競輪、競輪などが認められていますが、パチンコ・パチスロ呑みです。

パチンコ店は全国に1万20000店ありますが、それ以上にグレーな部分が付随しています。運営者は賞金を出すことができないため、当選者にはトークンが支払われる。そのトークンは、店外の別の小売業者を介して交換され、提供を回避している。

日本のギャンブルに関する法律の状況

統合リゾート推進法は、日本のカジノ賭博の状況を変えますが、競馬、サッカー賭博、宝くじに関する法律はそのまま残ります。

住民のためのギャンブルの機会はたくさんありますが、それは政府の承認を受けた業者を介してのみ合法です。

日本競馬協会は、10のレースコース、43のオフトラックベッティング施設、オンラインおよび電話ベッティングを提供しています。

JRA以外の競馬場は地方自治体の監督下にあり、OTBの機会もありますが、大口のベッターはJRAの競馬場に固執する傾向があります。

賞品が非課税であることから、日本では宝くじは魅力的です。しかし、この種のゲームが合法的に行われるためには、賞金として発行できるのは売上全体の50%未満です。40%が自治体に、1%が特別福祉に、12%が管理費やスタッフに、45%が当選者に支払われます。

トトトの賭けは、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアなどに設置された公認のトトトブースを通じて、Jリーグのサッカープールに賭ける。全国に約6,000のブースがあり、ベッティングシートは1ライン100円。最高額が1億円になることもあり、宝くじと同様に賞金は非課税となっています。結果はtoto-dream.comで発表されます。

ボートレースや競輪も日本で認められているギャンブルで、政府が管理しています。政府は賞金の約25%を主張し、残りは当選した馬券所有者に支払われます。

その一方で、日本の組織犯罪組織であるヤクザが提供する違法なギャンブルの機会が日本中にあります。彼らは、高額なパチンコ、麻雀、バカラなどの違法カジノを運営していることで知られており、支払いには容赦がありません。

日本ではオンラインカジノは違法?

日本のオンラインギャンブルは、技術的には法的には認可されていませんが、今のところは全くお咎めなしです。

政府が監視に関与するのも難しいので、多くのオンラインカジノやスポーツブックでは、日本のファンにベッティングサービスを提供しています。

日本競馬協会は、オンラインベッティングサービスを提供していますが、サービスに加入している登録会員にのみ提供しています。誰でも利用できるオープンベッティングサイトがあるわけではありません。

日本でカジノができる場所は?

日本には少なくとも今のところカジノはありませんが、全国には数多くの賭博場が点在しています。

パチンコ店は12,000店舗あり、その多くは駅からすぐの場所にあります。当選者への支払いは、敷地内から離れた場所で現金化する必要があるトークンを介して行われます。

顧客は様々なコンビニエンスストアやデパートで宝くじを購入することができますし、駅の近くにも多くの販売店が配置されています。また、ATMでも宝くじの販売ができるところもあります。

競艇、競輪、競輪、バイクなどの公営競技は、主要都市の各競技場の他に、各競技場にも販売店があります。また、Jリーグのサッカープール(サッカートート)も、電気店や駐車場などのわかりにくい場所に設置された専用ブースで購入することができます。

オフトラックベッティングは、日本中央競馬会のイベントと、JRA以外の競馬場でも行われています。JRAのレースコースは以下の10コースです。

 

日本のオンラインカジノ状況まとめ

現在、日本では、横浜と大阪にできる可能性の高い新しいカジノリゾートを期待している人もいます。しかし、東京で開催される夏季オリンピックまでに2つ、3つのカジノを設置するという2020年の目標には、まだ懐疑的な意見もある。

日本の住民の半数以上がこの計画に反対しているため、ガイドラインはまだ洗練されていない。彼らは、ヤクザの介入だけでなく、近所にカジノができることにも懸念を抱いている。

MGMリゾーツ・インターナショナル、ラスベガス・サンズ、シーザース・エンターテイメントなどラスベガスの大物たちが、選ばれた数少ないカジノの一つになろうとしているが、まだ正式には何も決まっていない。

日本のギャンブルの将来はさておき、現在でも政府公認の賭けの機会を提供しています。日本競馬協会を通じた競馬、サッカーJリーグプール(トト)、ボートレース、競輪・競輪、宝くじなどがあります。

パチンコは今でも日本のギャンブル界ではトップの座を維持していますが、プレイヤーはトークンでしか払えないという回避策を取らなければなりません。その場合、プレイヤーはブローカーでトークンを現金化しなければなりません。パチンコ店では、社内でのリアルマネーの賭けが制限されている。

麻雀も同様で、ハイローラーが集まるゲームです。麻雀店は日本中にありますが、カジノのような本格的な現金賭博はできません。

オンラインギャンブルは「許される」リストには入っていませんが、起訴されるような正式な法律はありません。

横浜や大阪でカジノ賭博がオープンすれば、パチンコは減少するだろうが、スポーツ賭博や宝くじは従来通りの営業を続けることになるだろう。